費用はどれぐらいかかる?注文住宅の相場

注文住宅で建設してみよう

大きめの住宅を建てた場合

2世帯住宅にする

親と同居することになったら、狭い住宅では窮屈に感じます。
そこで、2世帯住宅にすることをおすすめしています。
それなら窮屈になることはありませんし、お互いのプライバシーを守ることができます。
困った時はすぐに相手を呼んで、助けてもらえるでしょう。

注文住宅を建設する時に、2世帯住宅にする人が増えています。
その場合は全国平均を上回って、4000万円程度の金額が相場になっています。
お金の用意が少し大変に感じますが、これからの生活を便利にするためなので頑張って用意してください。
一般的な住宅を建ててから、やっぱり2世帯住宅にしたいと思ったらさらに高いお金が必要になります。
最初から、どのような暮らしをするのか考えてください。

バリアフリー機能がある住宅

介護をする時は、バリアフリー機能があると非常に助かります。
注文住宅を建設する時点で、家族内に介護が必要な人がいる場合は少し価格が高くなりますが、バリアフリー機能を搭載してください。
バリアフリー機能を搭載する場合は、相場が5000万円近くになっています。
ですがあとから住宅をリフォームしてバリアフリー機能を搭載した場合は、もっと高い金額が必要になります。

最初からバリアフリー機能のある注文住宅を建設した方が、お得だと思います。
バリアフリー機能といっても、いろんな種類があります。
段差を低くした理、手すりを廊下に付けることも含まれます。
また電気のスイッチを押しやすい形にしたり、呼び出しボタンを備えておくのも良い方法です。


この記事をシェアする